2月1日(金)第4回金融機関との懇談会が
地元三行7店舗の支店長及び貸付担当者、
秋田県信用保証協会秋田事業部、商工会事務局の
併せて19名の出席により商工会本所で開催されました。
開会にあたり、商工会小笠原事務局長より
「ご多忙中のところ多数のご出席をいただき感謝申し上げます。
地元金融機関の皆様と連携し地域商工業者の発展に力を尽くして参りたい。」とあいさつ。
次に、出席金融機関を代表して秋田銀行大久保支店長沢支店長様より
「県内及び地元商工業者を取り巻く環境は依然として厳しい状況である。
商工会と連携して地元商工業者の支援に取り組んで参りたい。」と述べた。
%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A%E5%86%99%E7%9C%9F_0009.JPG
会議は、冒頭に事務局久保市課長から金融斡旋状況等について説明があり
次に保証協会村山課長よりH24年度の保証制度の推移等について説明がありました。
続いて情報交換に入ると、金融機関の皆様から近況や
経営改善支援等の取り組み事例について次のように報告、ご意見を頂戴しました。
・状況は非常に厳しいが、商工会と密に情報共有を図りながら
一緒になって経営改善等の支援にあたっていきたい。
・中小企業診断士等から診断してもらい、
改善箇所等について指摘してもらっているが
なかなか改善が図られていかない。
条件変更や改善計画策定等について商工会の協力を得ながら
地元業者の経営改善支援に努めていきたい。 
・取引先を含め地域の現況は厳しい状況であり、
条件変更には応じているが肝心の経営状況の改善がなかなかされていかない。
状況が悪くなっているようだ。
%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A%E5%86%99%E7%9C%9F_0010.JPG
また、農業関係者に対する融資について
情報提供を求めたところ、保証協会より
・アグリ融資は20件~30件程の融資実績がある。
農業と販売が一緒に行われている場合には
農業部門が明確にわかるように区分されていることが望ましい。
と、アドバイス等頂きました。
%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A%E5%86%99%E7%9C%9F_0011.JPG 
経営改善計画策定の一環として
売上アップの方策・事例等について
情報を求められ商工会より、次のように情報提供をしました。
・全県の商工会では企業の売上増や利益確保を目指す「利益創出事業」に取り組んでおり、
1指導員1企業支援を実施している。
1年間で売上、利益を伸ばす方策に取り組むが、
売上を伸ばす根拠などを見出し実践していくことは大変であるが、
今後、企業が存続していくために必要と考える。
・又、どうしても業種や地域性から売上増が到底厳しいときには
原価及び販売管理費の削減を考えます。
実例をあげると、飲食店で自前の米備蓄倉庫を設置して
米を向こう数カ月分まとめて購入し
従来より仕入れ原価が30%程抑えられたとの成果がありました。
%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A%E5%86%99%E7%9C%9F_0012.JPG
やや、かたい内容のブログになっちゃいました・・・
商工会では金融機関等とも連携し、地域商工業者の皆様の支援に取り組んでおります。
経営のご相談はお気軽に商工会へどうぞ♪