11月3日(文化の日)
今回で4回目を迎える「農聖 石川理紀之助翁」をテーマにしたご当地検定、
「石川理紀之助翁検定」が無事終了しました。
さて、当日の模様がさっそく秋田魁新報で報じていただきましたので、
お知らせします。
231104sakigake_90.jpg
【11月4日付け秋田魁新報より全文ご紹介】
「石川理紀之助翁検定」
農聖の生涯を学び試験 潟上市、49人が挑戦
農業指導者・石川理紀之助(1845~1915)について理解を深める「石川理紀之助翁検定」が3日、潟上市の昭和公民館などを会場に開かれ、49人が受験した。市商工会の主催。
理紀之助は現在の同市昭和豊川に居を構え、農業指導を行ったほか県種苗交換会の立ち上げに携わった。検定は史跡見学や講話の後で試験を行い、理紀之助の生涯に関する問題を解く内容。理紀之助を通じて潟上をPRしようと2009年に始まった。
小学生から70代までが参加し、理紀之助の生涯について紙芝居やテキストで学んだほか、理紀之助の遺品などが並ぶ昭和豊川の市郷土文化保存伝習館を見学した。
試験では理紀之助が残した名言や功績についての問題に答えたほか、感想文を書いた。合格発表は14日。合格者は「石川理紀之助翁伝習士」に認定される。
尚、AKT秋田テレビのニュースでも検定の模様を伝えていただきました。
期間検定ですがこちらでご覧いただけます。↓
http://www.akt.co.jp/pc/news/index.html?sel=20111103_3
当日の模様は、このブログでもご紹介する予定ですので、今しばらくお待ちください。
ちなみに過去の検定の模様はこちらから。↓
第1回検定(平成21年11月22日)はこちら→
第2回検定(平成22年8月8日)はこちら→
第3回検定(平成22年11月3日)はこちら→
潟上市商工会サイト