平成21年度、商工会の主催によりスタートした「農聖 石川理紀之助翁検定」
潟上市商工会に赴任して以来4年を経過したキムカズにとって、何より思い出深い事業の一つです。
そんな折、地元潟上市で石川翁の研究と顕彰活動を行なっている「石川翁顕彰会」様より、
会報への寄稿依頼をいただき、大変僭越とは重々承知の上でつたない文章を寄せさせていただきました。
250220_03kensyokaikikou.jpg 250220_02kensyokaikikou.jpg
寄稿文のタイトルは、【「農聖 石川理紀之助翁検定」にかける思い】。
少々大上段に構えた気もしたのですが、顕彰会事務局様のご指定でもありましたし、
キムカズにとっても相応の思いでこの事業に取り組んできたという気持ち重なり、
このタイトルでいくことにした次第です。
250220_04kensyokaikikou.jpg
それでは、お恥ずかしい寄稿文をそのまま転載しご紹介とさせていただきます。
=以下、寄稿文=
 潟上の偉人をテーマにしたご当地検定「農聖 石川理紀之助翁検定」は、当商工会が主催し平成21年11月22日(日)に初めて開催されました。また、昨年10月7日(日)実施の第五回検定からは実施主体を市教育委員会に移管し、新たな主催者のもとで実施されています。
 さてこの度、石川翁検定に携わってきた者として顕彰会会報に寄稿する機会をいただきましたことに心より御礼を申し上げます。つたない内容ではありますが、石川翁検定誕生までの一端をご紹介しながら、この検定への思いを述べさせていただきます。
 平成21年4月、人事異動により潟上市商工会に赴任した私は、石川翁に関する知識は(恥ずかしながら)皆無に等しく、検定に取り組むためには、まずは潟上の偉人「石川理紀之助翁」を学ぶことからスタートする必要がありました。
そこで、私は県立図書館から蔵書を借り石川翁を学ぶことになります。
 石川翁を学んでいく中で強く感じたのが、石川翁が遺した偉大な功績と共に、故川上富三先生への感謝の気持ちでした。
川上先生が多くの書物を遺してくださったからこそ、いま私たちは石川翁の足跡を学ぶことができる。
その川上先生も二年前(平成19年)に逝去されていたとお聞きしたときは、是非一度お会いしてご挨拶を申し上げたかったと、哀惜の思いをいたしました。
 さて、第一回検定の当日を迎えるまでには、テキスト作りや見学行程の検討、テスト問題の作成、受験者募集…と、幾多の課題に直面することになります。
しかし、どんな時でも検定委員会委員の皆様の真摯で力強いご協力とご支援により着実に形になっていったように思います。
特に、顕彰会の加藤金一郎会長には検定事業へ高所大所から貴重なご助言を頂戴し、また藤原幸作様や菅原康二様からは石川翁の足跡に関して適切なご指摘ご助言をいただきました。
また、草木谷を守る会をはじめ豊川地区の皆様にも絶大なご尽力をいただき検定当日を迎えることができました。
250220_05kensyokaikikou.jpg
 さて、これまでに石川翁検定合格者は196名に達しましたが、商工会がこの事業で目指したのは「石川翁を通じて多くの人に潟上市を知ってもらい、訪れていただきたい。そして“潟上市のファン”になってもらいたい。」ということです。
そこで商工会では、「石川翁伝習士」に認定された合格者に対し、下記【伝習士優遇制度】を創設し石川翁ゆかりの潟上へ訪れるきっかけ作りに取り組んでいます。
優遇1 伝習館内の顕彰ボードへ名前を掲示
優遇2 伝習館の入館無料券を進呈
優遇3 石川翁関連イベント(農業体験や講演会等)への優先案内
優遇4 市内主要施設での各種優遇サービス
 尚、今後はこれら優遇制度の更なる充実に努めることで、一層の“潟上市ファン”づくりを推進していきたいと考えています。
 このように、私たちが石川翁検定を実施するにあたっては、単に試験の実施を目的とするのではなく、「石川翁を学ぶことで自身の生活に活かしてほしいと願い、一人でも多くの“潟上市ファン”をつくりたい。」という思いを込めて取り組んできたものであります。
 最後に、石川翁検定が地域に根ざしたご当地検定として継続し発展するよう、今後とも石川翁顕彰会皆様方からの変わらぬご支援の程をよろしくお願い申し上げ寄稿と致します。
=以上=
さて、このようにしてどうにかこの地に誕生させることのできた、地域の偉人をテーマにした全国でも珍しい「石川翁検定」
石川翁検定の実施主体は、いま市教育委員会に移管され継続して実施されることとなりました。
この検定が真に地域に根ざし、多くの市民・県民が石川翁に教えに学び、伝える活動として末永く続いていくことを祈念し、
また、石川翁検定の立ち上げに携わった者として、これからも石川理紀之助翁を通じて豊かな生き方を探求することをお誓いし、
潟上市の更なる発展を祈っていきたいと考えています。
潟上市商工会サイト