5月26日(日)9時30分より、
潟上に生きた「農聖 石川理紀之助」に大変ゆかりのある、
「草木谷山居跡」にある田んぼで、草木谷を守る会の主催により、
酒米の田植えが行われます。
商工会ではこれまで「石川翁を通じて多くの人に潟上市を知ってもらい、訪れていただきたい。
そして“潟上市のファン”になってもらいたい。」という思いから、
石川翁検定事業を推進して参りました。
そのような取り組みの中で、「石川翁伝習士」に認定された合格者に対し、
農業体験等石川翁関連イベントへの優先案内をするなどの
【伝習士優遇制度】を創設し石川翁ゆかりの潟上へ訪れるきっかけ作りに取り組んでいます。
♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*♡,*▶▪◀,*
田植えが行われる「草木谷山居跡」は、石川理紀之助翁が貧農生活を実践し、見事に成果を実らせ、
翁のこれまでの言動を実践活動で裏付けた大変ゆかりのある場所です。
 
今年で5年目を迎える「酒米づくり」。
今年は、新たな試みで、秋田県立大学の学生さんを中心に、
草木谷の緑に映える紺と赤の「早乙女衣装」をまとい、田植えが行われます。
田の神に仕える早乙女と田植えをすることによって、
田の神と石川理紀之助翁の功績・事績に感謝するとともに、
酒米がすくすくと成長し、秋には豊かな実りになるよう祈り作業します。
参加費は無料!!どなたでも参加できますので
お気軽に(田植えのできる服装で)Try!してみてください!
SKMBT_C364e13052013370_0001.jpg
当日植えられたお米は、秋に収穫され、
石川翁が生きた田んぼでできたお酒「草木谷のしぶき」に生まれ変わります。