ここ愛しやの郷「潟上市」では、
去る6月24日(木)、市立大久保小学校を会場に、
県教育庁主催「移動県教育委員会」が開催されました。
P1030381.JPG
今日のテーマは「ふるさと教育」。
地域の資源を以下に次代を担う子どもたちに伝え、
愛郷心を育むか。
県教育長をはじめ、県教育委員長・委員のほか、
潟上市の教育関係者や男鹿市・大潟村からも多数の教育関係者が顔を揃え、
テーマについて意見交換します。
そこで、ここ「潟上市」で先進的な取り組みとして評価されているのが、
地域の偉人「農聖 石川理紀之助翁」を教育カリキュラムに多数組み込んでいる点。
我々商工会が行っている「石川理紀之助翁伝習士認定試験(石川理紀之助翁検定)」も、
先駆的な事例として取り上げていただきました。
熱心に「石川翁検定」チラシに目を通してくださっています。
P1030383.JPG
このほかにも潟上市商工会では、
7月1日から発売を開始する「潟上市共通商品券」のデザインにおいて、
大久保小学校の生徒さんが創作した「おかえり八郎太郎」のシンボルマークを採用し、
次代に担う子どもたちの思いを真剣に受け止め、この活用を推進しています。
商品券とおかえり八郎太郎のデザイン↓
商品券(表)デザインをダウンロード
商品券(表)デザインをダウンロード
商品券で2度おいしい「抽選券」デザインをダウンロード
石川理紀之助翁検定サイトはこちら!
潟上市商工会サイト