2月25日(金)
秋田県佃煮組合の通常総会が開催されました。
IMG_7117.JPG
会場は、市飯田川にある「わかさぎ亭」さん。
ここのお料理は本当においしいんです。
キムカズお気に入りの一店なのです。
IMG_7146.JPG
開会あいさつ並びに議事進行を進める、
当佃煮組合長佐藤進さん(㈲佐藤徳太郎商店 代表取締役)。
IMG_7122.JPG
当日は全組合員9名が出席し熱心に議案の審議を行いました。
IMG_7132.JPG
商工会は当佃煮組合の事務を受託しており、
今日は髙橋事務局長と小林・木村経営指導員がこの会議に参加しています。
本日の議案は、平成22年度事業報告・収支決算承認のほか、
平成23年度事業計画・収支予算案の協議、
そして、任期満了に伴う役員の改選の3つ議案を審議いただきます。
IMG_7128.JPG
全議案、無事終了。
特に、任期満了に伴う役員改選では、
現佐藤進組合長を再任としたほか、全役員を留任とすることで決議しました。
さて、総会の終了後は、佃煮組合とも関わりの深い「八郎湖」の環境保全に取り組んでいる、
NPOはちろうプロジェクトの藤原直人様から、日頃の取り組み内容のご紹介をいただいたほか、
干拓前の八郎湖の貴重な写真などを提供いただき、
佃煮業界の今昔について考える時間として過ごしました。
IMG_7134.JPG
一つひとつの資料すべてが、佃煮業者にとっても経営基盤とともいえる「八郎湖」に関するもの。
自分たちは、まだ小学生若しくは生まれていなかった頃の干拓前の八郎湖。
干拓を終えたいまの八郎湖は、ご存知広大な田んぼとなり、日本屈指の農業地域となっています。
しかし、干拓前の八郎湖は、漁業で栄えそこでの収穫が陸路・鉄路を使って全県域に流通し、
そして地域では佃煮加工という産業を育てていったのです。
IMG_7136.JPG
一つひとつの貴重な資料に組合員は熱心に目を進め、そして耳を傾けます。
IMG_7137.JPG
当佃煮組合としても、NPOはちろうプロジェクトの活動に賛同することを確認し合い、
熱心に八郎湖の歴史に触れることのできたひと時でした。
IMG_7138.JPG
秋田県潟上市商工会サイト