こんにちは。キムカズです。
今日は、巡回でお邪魔した「㈲簾内食品」様でお聞きした、
ちょっと『深イイ話』をお伝えします。
IMG_3133_2.jpg
ここ、簾内食品の納豆は手づくりが自慢で、
美味しさも商工会の事務局内でも評判。
そこで潟上市商工会では、当社製品の一つ「百笑納豆」を
平成21年度の県商工会連合会の「秋田美人倶楽部」推奨品に推薦。
見事に全県の数ある商品の中から選定され「秋田美人倶楽部」認定商品になりました。
詳しくはこちら→
IMG_3119_2.jpg
さてさて、今日は簾内食品様へ巡回してきました。
…「3.11東日本大震災」以降、皆さんもご存知のとおり、
多くの業界で資材調達難や物流混乱、受注キャンセル等々が発生しました。
その結果、甚大な経営悪化を余儀なくされている企業がたくさんあります。
当社の納豆業界もそうでした。
当社で特に痛手だったのは、ナイロン製の包装フィルムが入荷しなくなったこと。
当社では震災以降でも何とか原料の大豆は入手でき、
納豆を製造できる体制にはあったのですが・・・
お客様にお届けするために必要な包装材(ナイロン製)が手に入らない。。。
そこで、当社では地元の印刷会社に依頼し、急場しのぎの紙製包装フィルムを作成。
これが後々の感動を生むことになります。。。
P1070883.JPG
こちらが当社で急遽製作した、紙製の包装フィルム。
【「震災特別簡易パッケージ」
 震災の影響で通常包装フィルムが入手困難となっており、
 急遽作成したこの簡易包装かけ紙でお届けしております。
 中の納豆は以前と同じものですのでご安心してお求めください。】
このメッセージに、
震災によってこれまでと同じ経営ができなくなった当社が、
それでも簾内納豆を愛してくださっているお客様に対して、
今までどおりの納豆を、今までどおりに、
お客様にご不便をかけずにお届けしたい・・・。
そんな強い思いを痛切に感じさせてくれます。
お客様のニーズに対してできうる限りの行動を全身全霊をかけて…。
「お客様満足」ということばの意味に触れた気がします。
P1070885.JPG
でも、決して当社だけが良くなればというつもりはありません。
やはり同じ東北の仲間に一日も早く復興して欲しい。。。
だから「頑張ろう、東北!」。
ここでも簡易パッケージでお届けすることを詫びています。誠意。
P1070887.JPG P1070890.JPG
ここまでの当社の取り組みだけで、十分【深イイ話】に認定できそうなのですが、、、
ここからが【深イイ話】の本題に入っていくのです。。。
と、言いますのが、こちら。
この簡易包装の納豆をお買い求めいただいたお客様から心温まるお葉書を頂戴したのです。
せっかくなので、頂戴したお葉書に書かれている全文を記したいと思います。
「震災特別簡易パッケージについて
毎日、おいしく納豆をいただいております。簡易包装でも、十分です。
これからも、中身重視のおいしい納豆作りをがんばってください。
丁寧な説明書きが、表面にあり、一消費者も納得して買うことができました。
ありがとうございました。
簾内納豆ファン 秋田市 主婦」
とあります。
P1070892.JPG P1070894.JPG
どうです?!これって、完璧【深イイ話】ですよね?!!
キムカズ、このお葉書を拝見させていただいた瞬間、「うるっ」と目頭が熱くなるのを感じました。
きっと、当事者である簾内食品のスタッフ全員がキムカズ以上に「うるうるっっ」ときたはず。。。
何が嬉しいって。。。キムカズ的には・・・
① お葉書をわざわざ色鉛筆で装飾してくださっていて、
② 毎日、簾内納豆をご愛顧いただいていて、
③ 簡易包装を製作したことを認めてくださって、そして納得していただいて、
④ 当社の経営方針「中身重視の納豆づくり」を評価してくださっている。
⑤ こちらから申し上げるべきなのに「ありがとう」と感謝のことば。
⑥ そして、差出人は「簾内納豆ファン」様。”ファン”という表現が最高の賛辞のように感じます。
一枚のお葉書が、こんなにもたくさんの感動と自信を与えてくれる。
商品を提供する側(サプライヤー)と、消費者(ユーザー)との間に、
強い信頼関係が構築されていることを強く考えさせられました。
企業経営や「商い」の醍醐味というのは、こういう一瞬なのではないでしょうか。
でも、これもひとえに納豆づくりに対する一日一日の誠心誠意な、
生真面目なまでの毎日の積み重ねがあった結果なはず。
震災や原発、政治のことなど・・・
なんか最近明るい話題に飢えているような毎日ですが、
とてもとても心が和む、いい巡回ができた一日でした。
潟上市商工会サイト