ここ”愛しやの郷”潟上市で共通商品券が発行されて1週間が経ちました。
お客様への商品券の販売も極めて順調な売れ行きで、ここ一両日には完売するものと思われます。
(まだお買い求めいただいてない方は、お急ぎ商工会でお買い求めくださるようご案内します。)
さて、4月24日の当ブログで取り上げました「共通商品券からビジネスチャンスを図る取り組み」の第2弾をご紹介します。参考URL:http://www.itoshiya.net/shokoblog/2009/04/post_37.html
P1000331_2.JPG
今回ご紹介するのは、「合名会社関富商店様」です。
酒類・タバコを中心に食料品を取り扱っている当店では、
奥さまが手作りで「商品券取扱店」ステッカー(POP)をご用意され店舗に掲示していました。
私たち事務局(商工会)側が用意したステッカーだけに頼ることなく、
お手製の販促ツールでお客様の目を引く取り組みをされていることに感心し感動をいたしました。
「商い」のはじまりは、やはり『知ってもらう』ことではないでしょうか。
当店や商品を「認知」いただき→「感情」に訴え→「行動」へと消費者を導く努力は惜しんではいけないと思います。
潟上市の商工業者の皆さま方の益々のご繁栄をお祈りしています。
潟上市商工会HP:http://shoko.skr-akita.or.jp/town-katagami/