ここ愛しやの郷「潟上市昭和」のゴールデンウィークは、
5月4~5日に行われた「月山神社の祭典」で賑わいました。
P1000327_2.JPG
P1000326_2.JPG
月山神社は、羽州街道(旧国道7号線)から少し奥まった所にあり、
創建は正治元年(1199)とされており、
元々は阿弥陀如来を本尊としていた神仏混合の建物です。
軒下には4体の力士像が力強く屋根を支えているほか、
境内には天然記念物であるケヤキや月山神社にちなんでなのか「狛兎」などがあります。
大久保周辺住民の方々の信仰の対象になっていた由緒ある神社なのです。
(引用:http://www.kensoudan.com/firu-naka-e/ookubo/tuki.html
旧羽州街道沿いには商店街が形成されており、
お祭りの当日は商店街が歩行者天国となり、
多くの露店が立ち並び、そこを楽しそうに歩く子供達や市民がたくさんでした。
写真は、商店街を楽しそうに闊歩する少年少女です。
P1000324_2.JPG
地域に残る伝統あるまつりや行事が、
少子・高齢化の進展とともに廃れていっていることも事実かもしれませんが、
この子供たちの手で伝統を守り、育み、明日の地域づくりが継承されることで、
この日のまつりのように商店街で多くの市民が交流し、
地域に賑わいを創出され、結果として街が明るくなることを期待してやみません。
秋田県潟上市商工会HP:http://shoko.skr-akita.or.jp/town-katagami/