私がもし、以下の質問をあなたにされたとする
・新しいビジネスをやるなら何から始めるのか?
・最も効果的だった販売促進手法は?
・記憶喪失になっても忘れたくないノウハウは?
迷わず私は答えるだろう
「 それは 、 ニュースレターである 」  と。
これは、ジャイロの綿貫有二先生がH22の経営革新塾で用いた冊子に書いてあった言葉です。

かとゅーん☆、この言葉に衝撃を受けたのでした (๑→ܫ←๑)
「ニュースレター」とはそれほどに価値のあるものなのだろうかと
でも、今は 綿貫先生のセミナーを受けニュースレターに取り組みたいという会員さんのお手伝いをしていて、今は”なるほど・・・”と、納得しております。
これほど効果的な顧客ファンをつくる、とっておきの手法はないように思います。
この効果的な手法に取り組んでいる、企業さまを覗いてみたくないですか?
今日は続々と発行されている会員さんのニュースレターのご紹介をいたします。
そう、取り組んでいるのは今年の7月に開催した「キラメケ☆地域のオンリーワンセミナー」に参加して下さった受講生の皆様なのです。
こうして学んだことを実践に移して頂き、セミナー担当者としてとっても嬉しい限りなのです!
(うるうる)
かとゅーん☆が知り得る、『きらめく地域のオンリーワン!』の5社取り組みをお知らせしますね。
まずは1社目☆
昨年度の経営革新塾では【佐藤食品】さんの4代目 賢一さんが取り組み、ニュースレターの神様といえば、そう!綿貫有二先生ニュースレター作成集に取り上げていただきました。


かとゅーん☆もHPで毎月アップされる度に拝見しています ♪
昨年度から取り組んでいることもあり、体裁や内容も回数を重ねる毎に見やすく、そして内容もグレードアップしているのがわかります。
今回は創業80周年特別号として「社長のガッツポーズの写真」をはじめ、「従業員さん達のコメント」や「職人さんからのこだわりの商品紹介」が掲載されており、情報量のボリューム、内容ともに素晴らしい出来映えだなぁ~と見ていて楽しくなりました。
さすが、4代目! 上手だわ~!!(拍手:パチパチッ)
続いて2社目☆☆
先週、天王温泉くららさんに「観光お立ち寄りボード」を見に行ったら、なんとなんとっ!
【ブルーメッセあきた】
さんでニュースレターを発行しているじゃないですかぁ!?

  ☆ 記念すべき第1号のようです ☆

【ブルーメッセあきた】さんの11月のおすすめ商品や売れ筋ランキング、イベント情報が盛り込まれており、また商品説明も記載されており、今度行ったら見てみようーという気になりますよ。
第2号が楽しみですね!
そして3社目☆☆☆
【千田佐市商店】さんもニュースレターに着手されましたよ!これはトモティから教えてもらいました。

「お客様へ感謝の気持ちを込めて、もっと千田佐市商店のことを知っていただきたいと思い、佐市通信を発行することになりました☆」と記載されております。
そう、ニュースレターはお客様とのコミュニケーションツールともなるのです。
紙という媒体を通して、たくさんの顧客に自社のPRができるのです。情報の発信に加えて、情報の受信も行うことが出来ます。常連さんでも、一度も会ったことのない人でも、擬似的にコミュニケーションを取ることが出来てしまうのです。
しかも、HPやブログと異なり、紙ですので保存も出来ます。保存できるということはそれを誰かに見せる可能性もあるし、誰かに渡す可能性もあります。
現に、私はこうした皆様のニュースレターを大切にとってあります。企業様の大切な形跡なのであります。また、、新たにニュースレターに取り組みたいという会員さんには、こうしたみなさんの取り組みをご紹介したりもしています。
さらに4社目☆☆☆☆
【Waffle Cafe Sign(ワッフルカフェ サイン)】さん。
こちらは開業当初からニュースレターにとりかかり、カフェならではのとっておきの情報やスタッフの紹介などを盛り込んでいますよ。
毎月紹介される新メニューが楽しみなのであります!


そして5社目☆☆☆☆☆
前にもご紹介しましたが【戸田釣具店】さんもセミナー後から一緒に取り組み、既に4回の発行をしています。

お客様からは「次号はまだなの?楽しみにしてるよ~」「(ニュースレターを大事そうに持ってきて)この仕掛けについて詳しく教えてください」「こんな商品があったなんて知らなかった」などなど、嬉しいお声をいただいているようです。
たかがニュースレター、されどニュースレター。
まだ取り組んでいない方には、きっとその効果はわからないことでしょう。そう、取り組んだ方にしかその効果はわからないのです。
やるかやらないかは、あなた次第です。
ニュースレターを作成した方、ぜひ かとゅーん☆にもお見せ下さいな~
楽しみにしていますよ  (๑→ܫ←๑) 
そして、こうした目からうろこの取り組みを伝授してくださった、綿貫先生、どうもありがとうございます。
潟上の受講生たちはとっても頑張っております!引き続きご指導をよろしくお願いします。

最後に綿貫先生のお言葉を少しだけ、こっそりご紹介しましょう。
『ニュースレターは、あなたの名刺代わりであり、分身であり、最強の営業マンとなってくれます。
このことこそがニュースレターの本質なのであります。
ニュースレターはしっかりと作れば、かならず顧客の心に響くものになります。そしてあなたの顧客があなたのファンになる。誰もが、好きな人から手紙をもらうのは嬉しいように、そして心弾むように、あなたからの情報をたくさんの顧客が今も待っているのである。』

今日は、とっても頑張ったブログでした~、かとゅーん☆でしたぁ (๑→ܫ←๑)
ニュースレターに取り組んでみたいという、会員の皆様~ご連絡お待ちしておりますよ。