12月25日(日)
今日は、当商工会の会長である菅原三朗氏の「秋田県文化功労章受章祝賀会」が、
秋田市の秋田キャッスルホテルで開催されました。
併せて、菅原会長が会長を務める株式会社菅与組の創業90周年記念式典が開催されました。
P1130795.JPG P1130793.JPG
受付の風景。400名を超す来場者をお待ちしています。
私たち商工会事務局から女性陣(美女軍団)が受付をお手伝いしました。
P1130770.JPG P1130775.JPG
きっとこの日のために創作されたであろうロゴマーク。かっこいいです。
P1130895.JPG
キャッスルホテルの会場内。
これからこの会場に400名が揃うと思うと、壮観です。
P1130799.JPG P1130802.JPG
菅原会長に贈られた県功労者表彰の表彰状と盾。
P1130805.JPG P1130807.JPG
各方面からたくさんのお花も。
P1130811.JPG P1130815.JPG
商工会事務局のテーブルは31番。
引き出物の中に、菅原会長のこれまでの執筆物の集大成として刊行された「時の移ろいと共に」もありました。
以前、このブログでもご紹介しましたので、こちらもご覧ください。P1130819.JPG P1130835.JPG
最近、県内の民間の間で見直しの動きがある「秋田県民歌」を斉唱します。
県の歌を大事にする活動。素晴らしいことですよね。
(そう言えば、秋田ノーザンハピネッツの試合会場では、必ず試合開始前に斉唱しています。)
P1130849.JPG P1130840.JPG
まずは「株式会社菅与組創業90周年記念式典」の模様をお伝えしましょう。
式辞を㈱菅与組の畠山順太郎代表取締役社長から申し上げます。
「大正10年3月に菅原與一郎が「菅与組」を創業し、戦前戦中戦後を乗り越え、90年の年を迎えた。
業界を取り巻く環境は厳しい状況が続いているが、
3月の大震災を契機として、当社として今後とも地域に根ざし、地域とともに歩む建設業者を目指していきたい。」
その後、永年勤続表彰へと式は移ります。
P1130858.JPG P1130868.JPG
来賓祝辞「佐竹敬久秋田県知事」。
P1130872.JPG
続いて、当社菅原孝次郎専務が記念事業を発表。
「菅原会長の秋田県文化功労章の受章を契機として、
秋田県障害者スポーツ協会へ200万円を寄付する。」
P1130878.JPG P1130881.JPG
その後、会場レイアウトを変更して「菅原三朗氏秋田県文化功労章受章祝賀会」へと次第は進みます。
菅原会長ご夫妻がステージに登壇。
P1130912.JPG P1130915.JPG
発起人挨拶。社会福祉法人秋田県社会福祉協議会の佐々木満会長。
「菅原三朗氏の文化功労章が、社会福祉の分野での受章したことが心からうれしく、
これほど心強いことはない。
障がい者を含め、全ての人間には能力がある。
その一つひとつ全てが国家になくてはならない能力。
この能力が上手に組み合わされた世界が最も理想的な世界である。
そういう社会を作っていかなければならない。
また、このたびの受章には奥様の内助の功があったことも忘れてはならない。」
ユーモアも交え、社会福祉活動のリーダーのご挨拶にただただ感銘を受けたひと時でした。
P1130916.JPG P1130925.JPG
来賓祝辞は、我が潟上市の石川光男市長。
P1130928.JPG
そして、いよいよ菅原会長による謝辞。
「昭和35年に建設業のこの職に就き62年。
その過程で黄綬褒章などの表彰の栄を賜ってきたが、
このたびの秋田県文化功労章は、地域活動に対して表彰されたことが特にうれしい。」
P1130934.JPG P1130938.JPG
「障がい者の子供を持つ親として、これまで障がい者に関する行政施策の遅れや、
社会の無理解に対する憤り感じることもあったが、
すべての人が共に支え合い、共に生きる社会を作っていかなければならない。
それは、全ての障がい者が地域において当たり前に生活のできる世界。
このたびの栄を受け、今後とも障がい者スポーツの振興に貢献していきたい。
今後とも変わらぬご理解とご支援をお願いしたい。」
地域のリーダーとして、また尊敬できる人生の大先輩として、本当に立派な謝辞。
本当に感銘を受けたご挨拶でした。
P1130941.JPG
花束贈呈。
P1130948.JPG P1130959.JPG
この後、祝宴に移るまでの間、スクリーンに当社のこれまでの歩みが映し出されました。
P1130967.JPG P1130966.JPG
東湖八坂神社を建設した当社。その技術力の高さは奥の方が感嘆されたそうです。
初代「菅原與一郎氏」。
P1130963.JPG P1130965.JPG
これまでの90年の歴史の中で、当社が手掛けてきた実績の紹介が続きます。
一つひとつの工事を通じて当社への信頼は高まっていたことがうかがい知れます。
P1130971.JPG P1130972.JPG
八郎潟の干拓でも当社の技術がいかされていたのですね。
P1130975.JPG P1130977.JPG
P1130980.JPG P1130983.JPG
菅原会長、平成4年黄綬褒章を受章。
P1140004.JPG
当社はISO9000のほか、ISO14000も取得し、日々改善活動に取り組んでいます。
P1140008.JPG P1140010.JPG
そして、菅原会長の現在。
P1140025.JPG P1140031.JPG
社長は畠山順太郎に引き継がれ、当社の繁栄は続きます。
P1140036.JPG
P1140054.JPG P1140060.JPG
来賓の方々が登壇し鏡割。
今日ご臨席のご来賓は秋田県を代表する方々ばかり。
錚々たる面々です。
P1140067.JPG P1140071.JPG
400名が声高らかに乾杯し祝宴がスタート。
そして今日のお品書き。
P1140080.JPG P1140089.JPG
この後は美味しいお料理とともに楽しいひと時は過ぎていくのでした。
P1140092.JPG P1140123.JPG
そして最後の「中締め」。
中締めのご発声は、当潟上市商工会の理事でもある、
㈱淡路製粉の淡路社長。
とても明るい中締めで、心地よくすべての次第が幕を引くのでした。
P1140137.JPG
1月12日付け「湖畔時報」に掲載されました。
240112kohan_40.jpg
潟上市商工会サイト