久しぶりにブログを書いてます。キムカズです。
ブログの更新もすっかり「かとゅーん☆」さんと、ときどき「345」さんの、
「3スマイル」ツートップに任せっきりになっております。
精力的に潟上の今を伝えてくれているので、その意識の高さにただただ敬服です。
(手前みそ~ぉ~~笑)
さてさて、今日ご紹介したいのはこちら▼
240730sakigake_60.jpg
7月30日付の秋田魁新聞。潟上の佃煮屋さんの若き後継者が掲載されたのです!
この方は佃煮製造業の「佐藤食品㈱」の4代目、佐藤賢一さんです。
賢一さん、とっても優しい気持のいい好青年で、ここ事務局でも密かに人気者です。
記事を簡単にご紹介すると、、、
家業のつくだ煮製造会社に勤めて5年。
父が社長で、賢一さんが4代目。
現在は、佃煮の製造管理や商品開発を手掛けています。
八郎湖に近いこの地域のつくだ煮づくりの特徴は「生炊き製法」。
他県の製品より柔らかいのが特徴です。
賢一さんは老舗の味を守りながらも、新商品のアイディアにも積極的。
最近で特に話題になったのが、このブログでも何度かご紹介した「わかチョコ」
わかさぎの空揚げにチョコをかけてみた、冗談半分の試作品が見事にヒット。
テレビやインターネットで紹介され、ヒット商品になりました。
八郎湖産の魚を使用するので、地域の仲間と八郎湖の水質改善について考えているという。
佐藤食品と、そして地域の次代を担う佐藤賢一さんのご紹介でした。
ところで、最近商工会の若手集団「青年部」も元気です。活発です。
これから始まる潟上3大夏祭りでの露店出店のみならず、
「潟上ともしびプロジェクト」に、「全県商工会青年部野球大会」・・・と、
自分の仕事の傍ら、地域を元気にしようとする青年部の活動にも目が離せない、
ここ潟上市商工会なのでした。
潟上市商工会サイト