昨日の16時から市役所産業課との懇談会がありました。
その会議が終わってから市役所のYさんから、先週の△日の15時半くらいに△△通ったでしょ!難しい顔をして口が一文字だったよ!どうしたの?
と・・・
あぁ、きっと無心か3スマイル事業について考えていたのでしょう・・・けれども恥ずかしい。
いつどこで見られているかわからないものです。
車を運転する時って皆さんどうしています?
どうしているのって前を向いて運転していると思うのですが、毎日の通勤にしても退屈に感じてしまうのです。
退屈なので、かとゅーん☆は音楽を聴いたり、気分が乗ると対向車の車のナンバーの掛け算をしたりします。
例えば「77-93」だと77 × 9です。ゴースト暗算の仕方で計算します。4桁は難しいので3ケタの掛け算にします。
この3桁のなかに1が入ってしまうとつまらないので、その車はパスです。
「11-12」だと11 × 1=11でつまらないでしょ。
毎日毎日片道40分。1ヶ月にすると8400分=140時間、つまり6日間くらい運転に時間を費やしているということになります。
この1か月のうちの6日間と考えると大きいですよね。
この時間をもっと有効に活用できないかなぁと日々思うのです。
目的地まで自動運転してくれる車が開発されるのが待ち遠しいです。
さて、昨日、天王グリーンランドによったらキレイなバラが咲いていましたよ。
鮮やかなキレイな色です。うまく撮れました!

そして館内には秋田産のイチゴもありました。
秋田産の露地栽培されているものは今が旬です。ハウス栽培ではイチゴの中の断面は白っぽいのですが、露地栽培のものはお日様の光を直接受けているので中まで真っ赤になるのです。
しかしハウス栽培と比べ糖度が低いため、そのまま食べることよりもジャムとして活用するのがおススメです。
かとゅーん☆はいちごジャムも好きですが、今年はブルーベリーのジャムを作ってみようと思っています。
そして館内を巡っていると、あっ!と手にしたのが!
        ↓ こちらっ ↓

「 なまはげも泣くほど辛い  茎わかめの佃煮 」です。
手がけたのは、わかチョコで話題が沸騰した佐藤食品様です。
新聞内容によると、ワカメの茎は利用価値が低く廃棄されることも多く、男鹿市の漁師から有効な活用方法について依頼されたのがきっかけとなりました。
昨年から商品開発を進めてきた第1弾がこの商品となります。
横手産のハバネロの粉末を加えて煮込んだ激辛の一品のようですよ。
ということで、早速かとゅーん☆も購入!
パッケージのなまはげのイラストは従業員さんが描いたようですよ。
ハバネロとなまはげのコラボレーションです。

裏面にはいたずらをする楽しさを満喫しているなまはげさん。
この気持ちよくわかります。

中身はこんな感じです。

お味は・・・  一口目は、そんなに辛くな・・・
ん、 やっぱり 辛いっっっ!! ハバネロの辛さが後からきます!
かとゅーん☆、辛いものはあまり得意ではないのですが、辛いものやハバネロ好きさんにはうってつけの商品だと思いますよ。
そしてその後、昭和地区の佐藤食品さんによってみました。

6月14日(金)付けの秋田魁新報に記事掲載されたこともあり、この商品をお買い求めになるお客さんが何人もいらっしゃったようですよ!
話題性抜群のようです。

辛い物好きな方はぜひ試してみてくださいね~、かとゅーん☆でしたァ (๑→ܫ←๑)