ここ愛しやの郷「潟上市商工会」では、
ペットボトルキャップの回収活動を通じて、
ポリオ(小児麻痺)予防のワクチンと交換し、
病に苦しむ発展途上国の子供達を救おう!という
エコと社会福祉双方の側面に立った活動に取り組んでいます。
キャップ800個でワクチン1本―。
詳しくはこちら↓
http://www.itoshiya.net/shokoblog/2009/07/post_65.html
秋田県内の商工会は県連合会と連携し、
NPO法人・環境あきた県民フォーラム(山本久博理事長)から
「あきた環境優良事業所」の認定を受け、
環境に配慮した取り組みを行っています。
詳しくはこちら↓
http://www.itoshiya.net/shokoblog/2009/06/post_54.html
今日は、商工会の本所「会議室」を会場に「地区経営支援員研究会」が行われました。
通常業務を終了してから各地から集合し、夜9時までのOff-jt研修です。
参加者は熱心に講師の話にうなずき、メモを取り、懸命に勉強されていました。
研修会の最後は、お弁当を食べて解散となりましたが、
その際も当然、使用済みのペットボトルキャップを回収します。
IMG_1871.jpg
潟上市商工会では、エコキャップ運動周知用看板も用意し、
これからも各種会議やイベント・祭りなど地域に人が集まる機会を捉え、
エコキャップ運動を中心としたエコ活動を実践してまいります。
地球温暖化はまさに深刻な、全人類共通の重要懸念です。
一人ひとりが意識を持ちエコ活動を実践し、
地球を末永く子や孫に引き継がなければなりません。
秋田県潟上市商工会HP:http://shoko.skr-akita.or.jp/town-katagami/