このたびの震災で被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
かとゅーん です。
昨年の1か月の中小企業大学校(仙台研修)で一緒だった
宮城県の石巻の商工会職員と連絡が取れずにいたのですが
ようやく無事が確認できました。
本当によかったです。
皆様も大丈夫でしたか?
あまりにもこの震災での影響が大きくて秋田でも色々と困惑していました。
私たちに何かできることはないだろうかと…
そこで潟上市商工会女性部では、東日本大震災の物資が不足している
市内の福祉施設に布おむつを贈ることになりました。

「秋田魁新報」に掲載されました。
紙おむつが不足しているとのことで手縫いで布おむつを作ります。
女性部員の皆様からはこんなに沢山の手縫いタオルをお持ちいただきました。(感激)
新聞記事を見てくださった方からのご協力もあり
なんと×②、約350枚も集まりましたよ。(すごいっ!)


本当にありがとうございますっ!!
かとゅーん☆も頑張って縫ってきました。
バスタオルを縦に半分に切り
(数回使用したもののほうがいいとのことです)
切ってボサボサになったところを折り返してチクチク縫います。
そう、かとゅーん☆も縫ってみてわかったのですが
バスタオルって長さがあって手縫いをするのって大変なのです。
でも自分にできることで少しでもお役にたてるのなら…。
あつまったタオル達。
枚数を数えていて、こんな柄のバスタオルもあるんだな~
この生地いいなァ~なんて、とても可愛らしく見えてきました。

一人で10枚以上も縫ってきてくださった方もいらっしゃいます。
地域の方々と協力して100枚近くお持ちくださった方もいます。
皆様ありがとうございますっっ!!
ご協力いただきました皆様には感謝申し上げます。
このタオル達は女性部長と一緒に潟上市役所へ届けました。
被災地の施設の皆様に有効に使っていただけましたら幸いです。
がんばろう、東北っ!!
がんばろう、日本っっ!!

かとゅーん☆でした (๑→ܫ←๑)