6月24日(金)
今日は潟上市商工会の青年部OB会「商工クラブ」の全体会(総会)がありました。
会場は、大久保の商店街「おもしろロード」に位置している『バイキング』様。
代表幹事の㈲マルヒロフーズ 代表取締役 菅原正隆さんがごあいさつ。
P1070686.JPG
菅原代表幹事を議長に議事進行中。
熱心に審議をいただいております。
特に、今回の総会は任期満了に伴う役員改選もあります。
P1070691.JPG
役員改選の結果、選任された役員の皆様は以下のとおり。
代表幹事:菅原 正隆(㈲マルヒロフーズ)
副幹事:佐藤 忠廣(佐藤食品㈱)
幹事:千田 清隆(㈱千田佐市商店)、舘岡 誠(㈲マルセ)、佐藤 和徳((資)山徳佐藤乾物)、
  菅原 浩一(㈲菅原水道)、小林 誠美(小林畳店)
監事:鎌田 勉(鎌幸商店)、高橋 憲人(㈱バイキング)
P1070694.JPG
総会も全議案満場一致で承認され終了。
続いては、来賓でお迎えした菅原三朗商工会長の来賓ご挨拶。
この時間をクラブ員はとても楽しみにしています。
それは・・・普段はあまり聞くことも、考えることもないような、
”日本の今”について、お話しをしてくれるから。
P1070695.JPG
今日、菅原会長がお話しいただいたテーマは、「風の王国」です。
この話題は、菅原会長ご自身が会長を務めておられた「秋田県建設業協会」が毎月発行している『秋建時報』。
菅原会長は、建設業協会の会長在職中、毎月この「秋建時報」に会長として寄稿されておりました。
今日の話題は、今年2月1日に発行された寄稿文からの講話。
P1070699.JPG
菅原会長の講話を聞いていて、考えさせられることがたくさんありました。
3.11東日本大震災以降、日本を揺るがしている「原発問題」。
化石燃料の将来的な枯渇、そこでの原子力発電への期待と安全神話、
発電と送電の一体性という日本の電力システムの課題、国家に2つ存在する周波数、
そして、畜電機能のない現状、、、
そして、新エネルギー産業に代表される新たな電力システムへの期待。。。
講話が終わった後は、参加者からたくさんの質問やそれぞれの思いを意見するなど、
盛大な拍手とともに有意義な時間を楽しみました。
その後、懇親会となり、小笠原事務局長のご発声で乾杯。
参加者は時間を忘れ、経営のこと、プライベートのこと、地震のこと・・・
楽しく和気あいあいとした雰囲気の中で、懇親の時間を楽しむのでした。
P1070703.JPG P1070711.JPG
潟上市商工会サイト