1月1日付け湖畔時報の「ひろば」欄に、当商工会の三浦将人青年部長が寄稿していました。
240101kohan_90.jpg
湖畔時報の新年号を飾る、記念すべき三浦部長の寄稿文。
抜粋してご紹介しましょう。
昨年は言うまでもなく、東日本大震災に揺れた年。
原発や放射能問題を含め、復興にはまだまだ長い年月を要すると思われるが、
少しでも早い復興を祈ってやまない。
一方、私たちの住む秋田県も不名誉なワースト入りが数あり、残念ながら深刻な悩みを抱えているといえる。
その中でも特に深刻な問題として挙げたいのが、「人口の減少」問題。
自分自身の商売柄も深刻な問題であるが、県内の多くの業界・業種においても共通していえることと思われる。
人口減少は非常に難しい問題ではあるが、
雇用基盤の拡充や結婚・子育てのしやすい環境づくりを通じて、
若い世代が定着していくよう秋田県としての復興に力を入れていかなければならないのではないか。
商工会青年部も、幅広い地域の人、魅力ある街づくり、活力ある地域づくりに貢献できるよう、
これからもがんばっていきたいと思う。

潟上市商工会青年部、平成24年は新たなステージへの挑戦が始まります。
ぜひぜひ、乞うご期待ください!!
潟上市商工会サイト