皆さん お店のチラシ作り悩んでいませんか?
何で悩んでいますか?
とってもいい商品(サービス)なのになかなか反応がないわぁ・・・
毎回似たようなチラシだからお客様に見飽きられているのかしら・・・
もっと効果的なチラシってどうやって作ればいいの・・・
なぁーんて思っていませんか?
かとゅーん☆もね、チラシについてはよく相談を受けるんです。
そんな皆さんのお悩みを解決すべくセミナーがあったら参加したいですよね。
あるんです、そう「潟上3スマイル☆セミナー」です。
講師は皆さんご存じ熱血講師の綿貫有二先生です。
当セミナーでは潟上市で売上アップを目指す経営社の皆さまを対象に、スキル習得のお手伝いしておりますよ。
と、その前に・・・
こちらマイク高橋さんと綿貫先生。そしてたくさんのスマイルたち☆

何やらよくわからないマニアックな話をしています。。。
青年部担当でもあるマイク高橋さんがイベントで使用するおもちゃの一部を潟上3スマイル事業にあわせて、スマイルをチョイスしてくれたんです。
うれしいよね~じゃんじゃんスマイルを増やしていって下さい!!
潟上市では本日8月16日の八郎まつりや、8月25・26日の天王グリーンランドまつりなどイベントが目白押しなのです。
ぜひ潟上市へお越し下さいませ、かとゅーん☆もウロウロしているかもしれません。
青年部のみなさん頑張って下さいね~

そして私にも潟上3スマイルにちなんでスマイル3匹をくれました。
マイク高橋さん、ありがとーーっ、かとゅーん☆です (๑→ܫ←๑)
さて、皆さまにお伝えするのが遅くなっておりました。
潟上3スマイル☆セミナー第3講座。8月3日に開催しておりました。【Sorry】
今回は販売促進ツールの基本であるチラシを実際にパソコンを使って作成します。
どうですか、皆さん チラシ作り悩んでいませんか?
なかなか反応がないわぁ・・・なんて思っていませんか?
なぜ 一生懸命考えて、いい商品やサービスをお伝えするチラシをつくっているのに反応がないのでしょう。
潟上3スマイル☆セミナーの受講生の皆さんならもうお気づきでしょう。
反応がないチラシはそこに戦略がないからです。(これまでに習ってきたことですよ)
そしてターゲットが絞れていないからなのです。
商売をやっている方なら常により多くの顧客に買ってもらいたいわけでしょ。これって当然よね。
だからアレもコレもと盛りだくさんに伝えたくってチラシに盛り込むわけでしょ。
でもね、それってターゲットとする的が絞れていないんですね。
チラシの内容がアレコレかかれるとターゲットもどんどん増えるでしょ、そうすると、顧客って自分のことじゃないと思っちゃうんです。
んじゃー後でいいやって思っちゃう。結局は誰もターゲットになっていないんですね。
わかります?
前にもお伝えしましたが町を歩いていて「すみません、そこの男性の方・・・」と声を掛けるのと
「すみません、そこの白いシャツを着てメガネをかけている50代くらいの男性の方・・・」
と声を掛けるのとどちらが振り向くと思いますか。
そう、後者ですよね。そこですよ、ターゲットを絞るということは。そして絞るということはそれ以外を捨てるということです。
だからターゲットを絞るのってむずかしいんですよ。
そして、これまでに「目標」を持つということや、「強み」の出し方(何かと比べないといけない)、そして大切なのが「解釈」の仕方について学んで来ましたね。
それらがぜーーーんぶ活かされるのがチラシなのです。
このチラシで何をしたいのか?
お店を知ってもらいたいのか、商品を知ってもらいたいのか、それとも集客をあげたいのか。
目的によって全然作り方が違ってきますよね。
お忘れになった方はコチラをご覧下さいませ。
これまでの様子→第1講座その①戦略を知るの巻
       →第1講座その②リポートの巻
       →第1講座その③目標を持つの巻
       →第2講座 強みからターゲットを絞るの巻
さぁ、綿貫先生 今日もスペシャルな講義をよろしくお願いします。

まず始めにイラストや写真の入手方法、写真撮影の仕方について学んでおきましょう。

ご紹介頂いたのは「写真素材 足成(あしなり」というフリーフォトサイト。
こちらのサイトは全国のアマチュアカメラマンが撮影した写真を、写真素材として無料で提供してくれています。個人、商用を問わず無料で使えるので煩わしいクレジットやリンクの表記、ユーザー登録は一切不要なのです。更新も365日おこなわれておりますよ。
自分では用意できない写真を用いたい場合に便利ですね。
また、自分で撮影する場合は一眼レフが無ければ、普通のデジカメでもOKです。
そしてポイントは明るめに撮影することです。暗くすることはいくらでも加工できますが、暗いものを明るくするのは困難ですからね。

画像の加工方法を操作とあわせて教えて頂きました。
さぁ、ではお待たせしました~実際にチラシをつくりますよー。
ひな形は前回の講義でお伝えしておりましたこちらです。

実は・・・かとゅーん☆もね、作ってみたんです。
自分でやってみないと気が済まないんですね~。だって、そうしなきゃ質問されたときに答えられないでしょ。
何屋さんになろうかとあれこれ思いを巡らせ・・・ワタクシ うさぎが大好きなので
「うさぎカフェ☆」をやろうかと思ったのですが、実際にやっていないことはイメージが出来ないということがわかりました。
実態がないので全然イメージが沸かないのです。
そうしてたら、アズアズさんが「かとゅーん☆さんは、ネットde記帳でしょう!」と。
うむ・・・そうね、ネットde記帳・・・自社のPRしなくっちゃね~
と作ったのがコチラ ↓ ↓ ↓

手前味噌ですがN課長やアズアズさんにもお褒めのお言葉をいただき嬉しかったです。
「商工会は行きます!聞きます!ネットde記帳を提案します!」
全国商工会連合会のキャッチコピーをもじりました。
きっとこれは商工会関係者じゃないとわからないと思います。(悪しからず)
このチラシはネットde記帳を利用していない方で日々の帳簿管理に困っている方です。
もっと日々の帳簿負担を減らしたい、仕訳があっているのか分からない、申告・決算まで簡単にできるようになりたいなど、ターゲットはパソコン入力が出来て、自分で経理管理したい人がターゲットです。
商工会ソフトを利用すると簡単な仕訳入力で管理できるようになります。
もう1パターンもあります。
ターゲットは会計に高いお金を払っている方です。売上は年々下がってきているのに支払う経費は変わらない・・・そんなお悩みを抱えている方専用です。(そちらは作成中ですのでもうしばらくお待ち下さい。)
そうです、ターゲットは絞るものなのです。
当初、かとゅーん☆もどちらに焦点を当てようか悩んだのですが、悩んだあげく、そのパターン毎に作ろうと思いました。
そして会員さんにあった提案をしていこうと。私の話はこれくらいにして・・・
さぁ、受講生の皆さんはどうかな~

みなさん 悩みつつも着々と進めております。出来上がりがとっても楽しみです。

綿貫先生から講義休憩のお知らせはこんな形でも。

パソコン操作で脳が疲れたでしょ~と綿貫先生がみんなにお土産をくれました。

山形県のさくらんぼドロップです。ご当地ドロップです。
こうしたちょっとした嬉しいサービスをしてくれるのも綿貫先生のいいところです。
受講生の皆さま、チラシはできましたか?まだ途中という方、事務局までお申し出下さい。そしてこちらからも連絡させて頂きます。
最後に「文章」を書くチカラの重要性について学びます。
ビジネスを行う上で文章を書く力、すなわちライティングスキルは極めて重要性の高いものです。その技術があるかないかで大きな差がつくのですよ。
営業や販売対応であれば、1人に対してしか対応することができません。1人に対して熱心に対応することも重要です。
しかし限られた人員で業務をこなさなければならず、結果的に効率も要求されます。
しかし、DMであれば、同じ内容を一度に多くの人に伝達することが可能となります。
また、HPやお礼の手紙なども同様と言えるでしょう。
自分の思いを相手に伝える技術として、ライティングの技術を身につけておくことは強い武器となり、今後のビジネスシーンでは欠かすことの出来ないスキルであるといえます。
こういうことって普通のセミナーでは学べないことです。
(かとゅーん☆もとっても勉強になります。)

セールスレターを例に作成ノウハウを考えていきましょう。
最も効果的なセールスレターは文章の組み方がポイントになります。
相手の立場、すなわち顧客の立場になって読みやすい組み立てをしていきましょう。
文章構成ノウハウ【骨組み】
① 理想 → ターゲットのなりたい将来・イメージ
② 現状 → 現在の姿を明確に位置づける
③ 問題 → 現状と理想のギャップ
④ 原因 → 問題の明確化、その原因を提示
⑤ 解決策→ 商品・サービスを通して解決
この上記の流れに沿って組み立てていけばいいのです。
とっても重要なことをお教えしましたよ!!ライバルには教えたくないノウハウですよ。

事例として文房具屋さんに着目して考えました。皆さんが文房具屋さんだったとして、万年筆をお客に売りたい場合どのようにして売り込みますか?
万年筆を使うヒトってどういうひと?
使っているヒトに使わせたいの?それとも新規顧客?
どんな万年筆なの?
万年筆を使うとどんないいことがあるの?
他のペンとは何が違うの?
価格って高いんじゃないの?
インクがなくなったらどうしたらいいの?
・・・。
綿貫先生が万年筆を売ろうとセールスレターをつくるとこうなっちゃうのです。
「10万円分のチョコレートより、1文のメッセージ」
きっとなんのこっちゃでしょ。
万年筆どこいっちゃったのよ?って感じですよね。
これはねーおもしろかったです。綿貫先生のライティング能力は素晴らしいよね。
このタイトル 惹かれちゃうよね~ 何々??って文章を読みたくなっちゃいますよね。
この内容は参加された受講生のみの特典です。
潟上3スマイル☆セミナーに申し込んで良かったですね、皆さん。
今回もとってもいい勉強ができましたね。
8月9日(木)に既に第4講座をおこなっております。。。
そちらのご報告もしなくっちゃね、キムカズさん。ね、キムカズさん!
では、今日の八郎まつり 雨に降られませんように・・・かとゅーん☆でしたぁ~ (๑→ܫ←๑)
ALL Rights Reserved.Copyrights.潟上市商工会@kato.