「商い」の力で地域を笑顔に!潟上3スマイル☆プロジェクト
8月22日(木)18:30~潟上3スマイル☆セミナー第3講座を開催しておりました。
早々に書き始めていたのですが、アップするのが遅くなってしまいました。(SORRY)
今回はいつもの講義スタイルとちょっと違う。フォームチェンジもありましたよ。
参加できなかった受講生のためにも張り切ってお伝えしていきましょー!

 ↑ こちらかとゅーん☆ショット ↑

 ↑ 時同じくしてこちらMASATOショット ↑ 撮る人によってやはり違うものです。
職員が1人カメラ1台もって撮影してる研修なんてないよ・・・と綿貫先生。

そう、ご覧の通りこの日ばかりはなぜかカメラ3台がこのセミナーを撮っていました。
あれ・・アズアズさんのショットがない!? え、フリだけ??(笑)
さぁ、始まりましたよ~ 今回から昨年度参加した受講生1期生と今年度参加の2期生の全員がそろいました。

今日は初めての3列の机の配置です。会場の熱気を感じます。
そして綿貫 有二 先生は、今日もパワフルでもっと熱い!!

今日はイベントとキャンペーンの成功法則と題して、事業者連携のメリットを考えていきます。
綿貫先生から今日も嬉しいお土産をいただきましたよ ♪
『 猿の赤いケツドロップス 』
名前はともかくおいしい飴でした。イチゴ味。どうもありがとうございます。

さて、これまでの振り返りとこれから進めていく方向性を確認しました。
そして、受講生の2期生には課題が課されておりました。
そう自社の強みを活かしたチラシ作成です。
素晴らしいことに今年も全受講生がこの課題をクリア!とてもいい内容でした。
みなさん頑張りましたね。
ということで、自社のPRもかねて皆さんにプレゼンテーションをしてもらいました。
その様子を一気にお送りしましょう~!

皆さん、発表おつかれさまでした~!
とても緊張しましたぁという受講生もいましたが、みなさんとても立派でしたよ。
さて、では、ここでフォームチェーーンジッッ!!

ここからはイベントとキャンペーンの仕組みについて学んでいきます。
机なんてよせちゃって、みんなで考えやすいように話がしやすいようにしましたよ。
まずはキャンペーンとは・・・
今年もスマイル店の連合広告をおこないます。昨年度とても反響がありましたからね。
ぜひ、こうした取り組みを増やして欲しい、地元の商店にもっと頑張ってもらいたいなど、多くの期待する声が寄せられました。

今年は10月5日(土)に潟上市全域約1万1千世帯に秋田魁新報の折込広告として入れます。
しかもかなり特大サイズ、かつ表面はフルカラー印刷です。
今年はこの広告に仕掛けをしようと思っております。
一案としてはスマイル店を巡るスタンプラリーを行ってみてはどうかと。
「お客さんを交換し合う」ということを重要視します。

そして、イベントについてですが・・・
みなさん今年はやることが盛りだくさんなので頭の中をうまく整理して臨んでくださいね。
9月15日(日)に商工会まつりが初めて行われます。会場は天王グリーンランド。
ビッグです。
そこに我々スマイル店も出店し企業PRや商品・サービスの紹介をしようというのが目的です。
本会のセミナーではここまでやっちゃうんです。
超実践的でしょ。
これまでに取り組んできたSWOTによる自社の強み分析がここで活かされてくるのです。
この3スマイル☆プロジェクトは一貫性をもって進めております。
綿貫先生による目には見えない高度な仕組みが組まれているのです。

商工会まつりでのスマイルブースの活用についての説明です。
スマイル店の皆さんは特別に、食菜館くららの交流ロビー全面を使用することができます。
これはスマイル店の特典であります!雨が降ろうが風が吹こうがへっちゃらなのです。
そして食菜館に立ち寄るお客さんが必ず通るという絶好のポジションであります。
みんなしっかりとメモを取っています。

この連合広告やキャンペーン、イベントにしても普段自社だけはなできないことをやれることがメリットなのです。
同じ目的を持っている人たちが集まらないとできないことですからね。
これはいくらお金があっても連携するということはできないことなのです。
そして、自分の顧客だけではなく自分の店には普段来ないような色んな人たちの意識に入り込めるチャンスなのです。


イベントというのは売るよりも知ってもらうことの方が価値が高いのです。
知っている人と知らない人、同じものを買うならどちらから買いたいか?というお話を前回しましたが、やはり知っている人から皆さん買うでしょ。
それくらい知っているということは強いのです。
このイベントで自分のお店だったらどんなことができるか、それをみんなで考えますよ。
商売をしている限り何もできないなんてことはないんですから。

例えば、その場ですぐ売ると言うことを考えないということ。
大きな買い物、例えば住宅などはすぐその場で即決でなんて買えないですよね。
でも自社の目玉の新商品を見てもらうことはできる。知ってもらうことはできる。
この集客の絶好の機会に、お客様との関係性を広めることができるのです。
だって、普段は自分のお店に来ない人が来るんですから。
それにお客様はすぐ買う人だけがお客様ではないでしょ。

これ重要ですよ。



みんなワクワクなことを考えていましたよ。
自社ではこんなことができるけど、一緒にこんなこともできるんじゃない?とか、他の受講生にこんなことをしたらどうですかとか盛上っていましたよ。
かとゅーん☆が聞いていた班では、みんなでストリートダンスをしてはどうかという話が出ており、次回のセミナーからはみんな30分早く来てダンスレッスンからスタートだね!などと。
しまいには、クイックの伊藤社長に先頭に立って踊ってくださいなど無茶ぶりもあって面白かったです。
皆さん、一緒になっていい企画を組めていけそうです。楽しみです。
【 受講生の皆様へ 】
次回第4講座9月5日(木)までに考えてきてほしいことが3つあります。
前回どうしても参加ができなかった方もご安心を!
これから一緒に作成していきますからね。
①連合広告の表面に各社のキャッチフレーズを掲載します。
15文字程度で自社をアピールするフレーズを考えてください。
②連合広告の裏面の企業広告枠をどのようにつくるか、イメージでいいので考えてみてください。
③9月15日(日)の商工会まつりの出店ブースにて、何をPRするかもしくは販売したいか考えて下さい。
例)コロッケ等の惣菜を売りたい場合
試食をさせるのはOKです。
また、販売をする場合は惣菜製造業の許可を持っている事業所であり、その許可を取っている場所(お店)にて調理したものを、パックづめをして、原材料等の記載をしてあるラベルを貼ったものであればOKです。
※その場にて煮る・焼く・蒸すなどの調理をする場合は臨時出店の許可を取った場合のみ可となります。
なるべく、惣菜として販売することをおすすめします。
④スマイル店2期生の方でSWOTの提出がまだの方は9月5日に持参願います。
受講生の皆さま、明日お待ちしております~!かとゅーん☆でしたァ (๑→ܫ←๑)
ALL Rights Reserved.Copyrights.潟上市商工会@kato.