かとゅーん☆、ブログあげてください。ブログさぼってますね。ブログ更新しませんね。
このようなフレーズを今日だけで3回言われました。。。うぅ・・・。
ネタはちゃんと取りためてあるんですよ、でも発信してこそ情報がいきると言うものですよね。
復活せねば!!
皆さま、大変長らくお待たせいいたしました m(_ _)m 
確定申告が終わり、商工会は年度末決算へと入り、そして人事異動もありでまたたく間に送別会シーズンへと突入しておりました。
その様子をお届けしましょう~。
こちら昭和地区にあります「大将寿司」さん。
ここはアワビがおいしいんだよ~と、マル経審査会の皆様とご一緒しました。

アワビの陶板焼き。いきてるアワビでした。
 
大将に何か食べたいものがあるかと聞かれ、生ものが苦手なかとゅーん☆・・・
「サラダ巻」をリクエストすると、それなら回転寿司へ行けと言いながらも、すぐさまつくってくれました。

レタスがシャキシャキでエビもぷりっぷりで美味しかったです。
そしてなぜか大量につくられたかんぴょう巻。
かとゅーん☆、かんぴょうやかっぱはあまり好きじゃないのに。
すると345さんがごめんごめんと・・・発注ミスのようでした(笑)
でも大将、ありがとー!!
続きまして、昭和地区にあります「楽天」さん。
こちら海老フライ。衣・・・がパリッパリでボリュームがすごい。
あれ、またエビつづきだわ。

N課長が、かとゅーん☆にはエビさえあずけておけばいいみたいなことを言っていたのが思いだされます。
そして、こちらが昨日25日におこなった職員の送別会です。
場所は飯田川地区の「旬」さん。
345さんと幹事だったので、進行を優先してしまい食事を撮るのを逃してしまいました・・・。
お魚の鯛とおこげがおいしかったです。
でも、職員の写真はバッチリです。
この度、3月末にて退職、そして異動になる4名の皆様です。
まずは退職となる中川課長。
かとゅーん☆とは同じ事務所だったので、聞けば何でも知っている(芸能通でもある)頼れる上司でした。
それと、毎日の課長とアズアズさんのやりとりが面白くってよく笑わされました。
2人でそろえたかのようにそっくりな同じ色のカーディガンを着ていたり、カップラーメンはのばしてから食べると言う同じ食べ方だったり、親子のようで面白かったのです。

あまり時間がなかったのですが、かとゅーん☆が思い向くままに作成した贈る言葉シリーズがこちら⇒ 中川課長へ贈る言葉
一緒に過ごした時間を思い出として残してもらえたらなぁと。
表面がこんな感じで、裏面は在職する職員みんなからもらったコメントをかいています。
ひとりひとり違うのです。

そしてお隣の河辺雄和商工会へ異動する小笠原局長。
昨日、最後の面談をしたのですがその際に今までの感謝の気持ちを込めて
局長2年間大変お世話になりました!と感動的にお伝えしたら
「かとー、俺・・・3年いたけどな」と。
とんでもない失言をしてしまいました・・・。まったく悪気はありません。。。(SORRY)
局長は本当に職員をよく見てくれていて、がんばった分だけ褒めてくれる、いいところを伸ばそうとしてくれる、とてもやさしくかつ働き者の局長でした。
何度とその笑顔に救われたことでしょう。
がんばったご褒美として幾度と焼き肉をごちそうになったか、ありがとうございました!
小笠原局長へ贈る言葉
つづきまして、県連の北部指導センターへ異動する久保市課長。

まさに融資のプロといっても過言ではありません。
多くの会員さんがその熱心な姿勢に救われたことでしょう。
マル経普及への前向きな姿勢はとても勉強になりました。
北部へ異動しても潟上市商工会に対して、やさしい目で接して頂ければと思います。
久保市課長へ贈る言葉
そして、お隣の湖東3町商工会へ異動する智子さん。
かとゅーん☆よりお姉さんなのですが、小柄なせいかとてもかわいらしいコだなぁといつも思っていました。
感性が近いのか、まぁ沢山笑ったなぁという記憶が鮮明です。

トモティへ贈る言葉
アズアズさん曰く、仕事や生き方にもマジメで一生懸命な職員は智子さんか
かとゅーん☆さんを除いてはそんなにいないと。
素晴らしいコメントのアズアズさんです。
我々職員はいずれみんな異動します。明日は我が身です。
かとゅーん☆が最年長になってしまいました。まだ4年半なのに・・・。
自分が異動した後にも、残していけるものは何だろうかと考えますよね。
そう考えると、今ある時間ってものすごく貴重ですよね。
異動される皆さんの分も、在職する我々がここ潟上市でがんばっていかなくてはと思うのです。
事務所内部での異動もありますので、決まり次第皆さまにはお知らせしますね。
さて、明日はこんなハートフルな内容をお届けしますよ ♪

きゃーーっ!!かわいいっっっ!!
1匹ポケットに入れて連れて帰りたいくらいです (๑→ܫ←๑) 
どうぞお楽しみにィ~ かとゅーん☆でしたァ。