« 商工クラブ主催「クラシック・コンサート」で聖夜を満喫! | メイン | 『市長と語る会・会員交流新年祝賀会』開催される »

青年部より>平成22年青年部新年会開催(H22.1.16土)

↓引用:潟上市商工会 平成21年度会報 6号 第3項
----------------------------------------------------------------------------
『新春のご挨拶』 潟上市商工会青年部 部長 川上正明

新年明けましておめでとうございます。
昨年4月より青年部長を務めさせていただき、
様々な事業をとにかくこなすことで精一杯でしたが、
皆様のご理解とご協力をいただきながら
充実した活動をすることができましたことに感謝を申し上げます。

事業の中でも印象深く残っているのが、
10月31日から4日間の日程で行われた宮崎県への青年部視察研修であります。
今回の視察研修は、
昨年に実施されました『石川理紀之助翁検定』をきっかけに提案されたものでありました。

石川翁の業績を辿り、現代に残された数々の言葉を思い起こすことで、
自らの商売や地域の発展となるような知識を得ることができ、
大変貴重な経験となりました。

石川翁の残した言葉に
「何事も明日、明日と延ばしておく時は、
千日たっても用は弁せず。
事を成さんには片っ端よりなすべし」
というものがあります。

この言葉にもあるように、
1日1日を大切に、そして少しずつでも前進していこうと思っております。
今年も皆様の尚一層のご支援・ご協力を頂きますよう宜しくお願い申し上げます。
----------------------------------------------------------------------------

さて、おくればせながら、あけましておめでとうございます。
本年も潟上市商工会青年部を宜しくお願いいたします。


平成22年1月16日、青年部新年会を開催いたしました。
心新たに、更なる飛躍のために、部員同士の絆を深めました。
(すみません!担当の不用意のために写真がございません・・・)


冒頭で、上記の川上正明部長(川上設備工業)より、

「今年は、これまで取り組んでいた事業に一区切りつけ、
 他の機関や団体と連携し、新しい事業にしていくための準備期間となると思います。
 これまで以上に忙しくなり、皆様の手腕とお時間をお借りすることになりますが、
 皆で頑張って参りましょう!」

と、これから先の事業展開の展望を主に、新年の訓示。

懇親の席でも、
「皆でまとまりをもって、盛り上がって事業にあたろう」というたくさんの声が。


「何事も明日、明日と延ばしておく時は、
千日たっても用は弁せず。
事を成さんには片っ端よりなすべし」


自分たちがすべきこと、したいこと。

1年は長い様であっという間です。


事を成すために、片っ端から取り組もう、と誓った夜でした。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.itoshiya.net/mt/mt-tb.cgi/127

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 青年部より>平成22年青年部新年会開催(H22.1.16土):

» Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』 潟上市 送信元 Chi-ki.info 地域情報サイト『チーキ』
潟上市の天気 潟上市のニュース 潟上市の口コミ情報... [詳しくはこちら]

コメント (5)

にかぽっこりくま:

にかほ市でも先日 行政・市民・商工会員が集まり「新春賀詞交換会」が開かれました。にかほ市も今年で合併5周年を迎えることで今までに無い事業展開を予定しております。買い物弱者や店が無くなってしまった地域に出前販売をすることです。これは商業部・サービス業部の商工会員だけでなく工業部 建設部全会員並びに農協・漁業関係と一体化した組織をつくり にかほ市の6箇所に出前商店を行うものです。全国でも例がないそうで素案作りに大変ですが 県、市からの助成も戴ながら進めるものです。ちょっと面白い事業なので宣伝してしまいました。

にかぽっこりくま様

いつもありがとうございます。
>買い物弱者や店が無くなってしまった地域に出前販売をする。
>ちょっと面白い事業なので宣伝してしまいました。
いやいや、かなり・相当面白い事業と拝察しました。素晴らしい!
交通体系の整備や郊外型大型店の進出、景気の長期低迷等々…、地域商業を取り巻く経営環境は厳しさを増すばかりですね。その一方で、そのことで困っている消費者もいる…少子高齢化が根っこの原因でしょうか。
デフレスパイラルではありませんが、世の中のサイクルがどうも良い方向に回っていないように感じるのは私だけでしょうか。。。
商人の方々が「待ち」の姿勢ではなく、「攻め」の行動で自店と地域を元気にしようとする取り組みに敬意を表します。頑張ってください。

にかほ市商工会様は、
受発注システム構築や、んだっ鱈にかほ市へ、そして出前販売、商品券発行事業…と、事業への活発な取り組みに敬服しております。どうぞ、新規事業の成功をお祈りしています。

今後ともよろしくお願いいたします。

にかぽっこりくま:

宣伝ついでにもう一つ 今年で4年目を迎える「湯遊くじ」があります。これは商業部とサービス業部が共同で行っているもので 消費者が参加加盟店で千円の買い物をするとスピードくじを1枚貰えます。(千円ごとに1枚)当りは1等が市内宿泊施設の「一泊二日宿泊券」2等、3等がそれぞれ「千円買い物券」「五百円買い物券」でいずれも参加加盟店で使用できます。はずれ券は(入浴補助権)として5枚集めると市内入浴施設で利用出来るものです。入浴施設も宿泊施設も新規のお客様が増えました。総予算は250万ほどですがその経済効果は1億円以上と言われています。(期間は秋で40日間)こちらもなかなか面白いですよ。

にかぽっこりくま様

お世話にありありがとうございます。
新規事業アイディアが湯水のごとく沸いてくるにかほ市商工会様という印象です。
私も一人の商工会職員としてですが、がんばっていこうと思います。

PS.にかほっこりくまさん(だったかな?)も、当方で相当精力的にがんばっていますので、ご心配ありませんよう。。。

☆かとゅーん(にかほっこりクマ)☆:

にかぽっこりクマ様、お久しぶりでございます!
いつもコメントいただきありがとうございます。

にかほ市商工会様の取り組みをご紹介頂きありがとうございます。
「出前商店街」~私がお話を聞いた時よりもずっともっと素晴らしい企画になっていて、にかぽっこりクマさんはじめ会員の皆様の熱意に感動いたしております。

 昨日、プラニングメイサの斉藤様とお話しする機会があり、「出前商店街」について市も県も動いていると聞きました。
 にかぽっこりクマさんの提案がこうして地域を巻き込んで、にかほ市が前進している様子が目に浮かびます。
ぜひ、この調子で頑張ってくださいね!!

今年もよろしくお願いいたします♪
 
 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年01月18日 16:32に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「商工クラブ主催「クラシック・コンサート」で聖夜を満喫!」です。

次の投稿は「『市長と語る会・会員交流新年祝賀会』開催される」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type