「商い」の力を結集して地域にワクワクと笑顔を広げよう!潟上3スマイル☆マーケット

260605綿貫有二先生6

ようこそ潟上スマイル☆マーケットへ!今日は6月5日(木)に開催した、スマイル☆マーケット第1講座をお伝えしましょう。 かとゅーん☆です (๑→ܫ←๑)

今日はカメラ3台でとらえております。あらゆる角度からの様子をお楽しみ下さい!

260605かとゅーん☆1

このスマイル☆マーケット事業は、今年の2月くらいから綿貫有二先生に相談しながら企画を一緒に考えてきていたのでした。 今日のこの日を迎えるまで、どんなふうにしたらこれまでのプロジェクトの成果や効果を活かせるのか、どんな支援が求められているのか、この地域で生き残っていける商売とは何なのか、そして潟上市だからこそできる個店の魅力をどんなふうに発信していったらいいのかを考えてきました。

なので、応募してくれた受講生のみなさんと一緒に進めていくこの日をとっても楽しみにしていたのです。

今年は新規で14社の皆さま、そして1・2期生が16社の参加となり、30社33名での運営となります。今年も満員御礼です。10月までの長丁場、どうぞ宜しくお願いいたします。

260605第1講座

開講の挨拶として商工会の髙橋事務局長よりご挨拶。

260605髙橋局長1

講師は中小企業診断士の綿貫 有二 先生。 これまでの受講生から、ぜひまた先生の講義を受けたい!綿貫先生をよんでほしいっ!と熱烈なリクエストがあり、いつも親身になって企業の事を考えてくれると大人気の先生なのです。 今日も、熱いパワフルな講義をお願いいたします!

260605綿貫有二先生3

では、そもそも、「スマイル店」とは何なのか? 潟上市スマイル店認定要領を伝えていくと、小難しいので・・・簡単に言うと 潟上市の中でも頑張っている会社を、商工会がちゃんと認めますということです。

認定した以上は、皆さんを積極的にバックアップしていきます。 認定要件としては出席率や課題の提出、プレゼンなどがあります。 では「スマイル☆マーケット」とは? 去年までは3スマイル☆プロジェクトでセミナーを開催しておりました。今年は「スマイル☆マーケット」! コンセプト『商いの力を結集して地域にワクワクと笑顔を広げる』、これがこの企画の概念です。

事業者の皆さんが笑顔になることってとっても大事じゃないですか。 仕事をするっていうことは、人生の半分をしめている時間ですよね。 我々は生きている時間が限られています。 とすると、我々は命の時間を使って商売をしているということですよね。 その時間に我々に笑顔がなかったら?それは悲しいことですよね。

260605綿貫有二氏

このスマイル☆マーケットの「スマイル」とは、我々が笑顔をつくり、そしてそのお客様に、そして地域に笑顔を広げていこうという、とても大切な意味があるのです。

260605受講生の皆さん

受講生の皆さん、緊張しているのか笑顔が足りない・・・ということで、隣の席の方と自己紹介をしてみましょう。

260605受講生

緊張がほぐれましたよね。 だって、相手のことを知れましたからね。 そう、「知る」「知ってもらう」ということはとても大切なんです。 お客様に対してモノを買ってもらうためには、自分のお店のことを知ってもらうということが必要ですよね。 商売に置いて自分のことを知ってもらうということはとても大切なことなんです。

皆さんが商売を行っていて、スマイルになることとはモノが売れて儲かるということですよね。 でも、ただモノが売れるだけではだめなんです。 また買ってもらえるように、「売れ続ける」ということが大切なのです。

そうすると、自分もお客さまもお互いが長い間、笑顔でいつづけることができるから。 それが経済的に地域にいい影響を与えますよね。

260605綿貫有二先生4

商売をやる以上は『儲ける』ということが必要なんです。 真面目に儲けようと思った瞬間に、それから自分が変わっていけるんです。 そして、お客様の気持ちが分かるようになっていきます。 この企画では徹底的に皆さんに儲けてもらいたい、そして税金を納めていくことで地域を活気づけることができますからね。

では、このスマイル☆マーケットの「マーケット」とは? この企画では「場」をさします。 『商売』『学び』『交流』の、この3つをつくりあげていくことが『3スマイル☆マーケット』になります。 でも、このスマイル☆マーケットはどういうモノを売るかを重要視しているわけではありません。 我々は『コト』を売りたい。 今、売れている会社というのは『コト』を売っています。 モノは溢れ続けていて、モノを欲しがるという時代ではなくなってきています。モノだけでは欲しくならないのです。

でもこんなに不況なのに、ディズニーが増収なのはなぜか? それは、「コト=体験」を売っているからなのです。

260605綿貫有二先生5

焼きとり屋さんだってそうですよね。焼いて売っているというのは、あのにおいが食欲をそそりますよね。 これがコト売りの1つなんです。ただ、惣菜として焼きとりがあっても、そそられませんよね。でも、あの美味しそうなにおいでついついつられませんか。

ではチラシを通して、皆さんが陥りがちなあやまった作り方を見ていきましょう。 これを知っているかで、全然反応が変わってきますからね。ここは内緒にしましょう。参加した受講生だけの特権です。

今日はここまでにしましょう~ 次回は参加した受講生の自己紹介の様子からお伝えしますよ! どうぞお楽しみに~ かとゅーん☆でしたァ (๑→ܫ←๑)

260605かとゅーん☆