今回のスマイル☆マーケットセミナー第3講座もかなり面白かったです!
これは講座なの!?と思えるくらいの内容でした。さすが綿貫 有二 先生、期待値を軽々とこえるエンターテイナーっぷりでした。
いつも事前に打合せは行うのですが、いつも打ち合わせ通りの内容だけでは終わらず、毎回何が起こるかがわからない話術や演出は本当に見ものです。受講生も、運営する我々事務局も、そして講師の綿貫先生と一体となれる会場の雰囲気づくりは素晴らしいと思うのです。

260703綿貫有二先生

そんなワイルドな綿貫先生の様子からお届けしましょう~
かとゅーん☆です (๑→ܫ←๑)
普段はビシっと光沢のある細身のスーツで決めている先生ですが、この写真はあくまでもお客様も商品であるということを伝えるための演出です。
とてもわかりやすい事例でした。その様子はまた後半でお伝えしましょう~。

今日はみんなで出店ブースの配置を決めていきますよ。
まずは自社がどんなことをしたいのか、どこの場所を希望するのかを発表してもらいます。

260703スマイルマーケット

今回のスマイル☆マーケット夏の陣は「親子で夏休みの思い出をつくろう!」がコンセプト。そのコンセプトに沿った提案を皆さんに考えてもらっていました。
どの企画も楽しそう!やってみたい!と思えるものばかりで、皆さんアイディアがすごいなぁと感心しておりました。
受講生同士も、今年はレベルが高いなぁとおっしゃっていましたよ。
それくらいワクワクする企画がたっくさん出されました。

260703スマイル講義2

こちらキラ★星館チームのブース決めです。
思っていた以上に体験企画が多く提案され、予定していたコマ数を増やしました。また臨時出店もできるように当日は工夫しますよ。みんなで会場をつくるという協調性が必要になります。

260703講義6

ブースの配置も決定したことで、さて、ここからはみんなで実施していく企画の提案です。

260703講義5

まず1つ目!
イベントチラシには特典があって、チラシには『お菓子のつかみどり』券がついていて、持参してもらうとお1人様1回限りつかみ取りができます。
去年は相当な人気で、いつになったら途切れるんだろう!?と思えるくらい長蛇の列でした。それを今年も実施いたします。ですのでスマイル店の皆さんは、お客様にじゃんじゃんチラシを配布することでイベント周知はもちろん、スマイル店のお客様だけの特典としてのメリットにもなります。

そして2つ目!! これは新企画ですよ。ニコすだれコンテスト☆の実施です。

260703講義3

当日30社の自社PRポスターとして、すだれを会場一面に貼りだします。
先日綿貫先生と会場にて配置を検討したのですが、会場がすだれで埋め尽くされます。きっと、ものすごい迫力になると思われますよ。これまた楽しみです。
こちら事前にかとゅーん☆が作成してみた、すだれです。正味4時間の代物です。

260703スマイル☆マーケット2

何を1番に伝えたいのかを先に考えました。会場が広いので、文字が小さいと見えにくくなります。かとゅーん☆の作ったこの文字の大きさだと充分よく見えましたよ。
こちらの提出期限が7月25日(金)までとなっておりますので、皆さん完成次第商工会までご持参ください。
そして投票をしてくれた方には、会場の30社で使用できるパスポートを発行します。これを皆さんのお店で提示することで、何かしらの特典が得られるというものです。
こちらの企画内容も7月25日までに担当職員へお知らせください。

では、ここからは自社のブースを、そしてお客様をどうやったらもっと楽しくお買い物をしてもらえるか、記憶に残るお買い物の提案ができるかを考えていきます。

260703綿貫有二先生3

綿貫先生に1リットルの水を持ってくるように言われ、え、水買ってない、どうしよう!と思い、冷蔵庫からカルピスウォーターを持っていこうとしたら、O部長に違う!水だよ水!と言われ、とある場所から見つけてきました。

何に使うのかがわからなかったので、カルピスウォーターでもいいだろうと思ったのです。ところが、カルピスウォーターを持って行ってたら大変でした。
だって、青汁をつくるために必要な水だったんですもん。

かとゅーん☆がカルピスウォーターを探しているころ、時同じくして・・・
MASATOさんも水道水を一升瓶に入れて準備していたそうです。
それを見たアズアズさんが、え、一升瓶と!?
そんな酒臭い水になってしまう!だったらやかんに水を入れて持っていったらどうかと話していたところに、かとゅーん☆がどこからか水を見つけてきたそうです。

水を1リットル用意するという行為が、ここまで色んな作業を招いていたとは綿貫先生の知るところではないのです。
でも、おかしいですよね、一升瓶に水を入れているだなんて(笑)そしたら、その一升瓶をかとゅーん☆が抱えていって先生にハイっ水1リットルです!って渡すことになるんでしょう。先生に「なーんでこんなモノを持ってきたのかと」苦笑されるのが目に浮かびます。何度思い返しても面白いです。でも、それはそれで見たかったかもしれません。

260703綿貫有二先生1

そして、マジックショーかのようなアシスタントだなぁ・・と思いつつ青汁をつくっておりました。何に使うのかと思いきや・・・

260703スマイル☆マーケット4

 先生が取りだしたのがダーツ!

260703スマイルダーツ

ぜひにと!やりたいと名乗りを上げたのが、そう、実行委員長クイックの伊藤社長!
ダーツが当たった色の部分で、先程つくった青汁を飲む人を決めようとなり・・・ここで、あぁさっきのカルピスウォターや一升瓶を持っていかなくてよかったと思うのでした。だって、苦いのか甘いのかわからない味か、はたまた酒臭い水割りの青汁をここにいる誰かが飲まされるわけでしょう。水を用意しろと言われたら水以外には変えられないんだなぁと実感です。

260703スマイル☆マーケット5

それに絡む三浦醤油店の三浦さん。さらに巻き込まれたかとゅーん☆でした。
でも、伊藤社長が何度も外したことにより、結局飲む羽目になったのが伊藤社長!
でも一人だけだとかわいそうだなぁと、機転を利かせたかとゅーん☆!三浦さんにもプレゼントです。

260703スマイル講義

すると意外や意外・・・おいしいっ!と。まぁ、これはこれで面白かったです。どう転んでもみんなで楽しめることが記憶に残るということなのです。きっと青汁を見るたびに、あぁスマイルの講義でみんなの前でやったなぁと思いだすことでしょう。
体験することはとても強く脳裏に刻まれるものです。特に予測もしていない、突発的な事だとさらに強い印象になりますよね。
我々スマイル☆マーケットではお客様にこうした体験を通した企画を提案していく術を身につけていっているのです。

では、冒頭でお伝えしたお客さまも商品であるとはについてお話ししましょう。
皆さん、有名ホテルや格式の高いお店に行く際は正装していきますよね。普段着で行ってしまって、お客様ちょっと・・・ご遠慮頂きたいみたいなことを言われることが実際にあるわけじゃないですか。
お店のHPにも記載されていることもありますよね。それって、お店側がお客様を選んでいるということですよね。
なぜならばお客さまもお店の商品になるからなのです。こちらの写真をご覧ください。

260703綿貫有二先生2

去年のスマイル☆マーケット時のまるさ商店様の様子です。片方はまったくお客様がいなくって、もう片方はお客様で溢れかえっている。どちらも同じお店なのにまったく印象が違うように見えませんか?
そう、お客さまもお店にとっては商品なのです。お客さまも含めてどんなお店なのかが決まってくるのです。また、どんなお客様が来ているかによっても、またガラリとお店のイメージは違ってきますよね。

先生のワイルドなイメージの演出はここから来ていたのです。まさかそんな演出だとは思いませんでしたよね。とても分かり易くて面白かったです。
今回の講義もかなり内容が濃くて、盛りだくさんな演出でおもしろかったです。そして勉強になりましたね。
ここではお伝えしませんが、印象に残る映像もありましたね。

皆さんのお店1社1社が、このスマイル☆マーケットイベントの会場をつくる重要な役割を果たすことになります。
まずは自分のお客様に足を運んでもらうことを最優先で考えてみてください。
どんな風にお客様に自社が映るのか、皆さんのイベント開催までの取り組みにかかっています。楽しみながら取り組んでいきましょう!かとゅーん☆でしたァ (๑→ܫ←๑)

【おまけ】
写真データを見ていると、なんだコレ??と見つけたのがこちら。この講座でいったい何があったのかですよね(笑)

260703スマイル☆マーケット3

いいなぁ、かとゅーん☆もこういう写真を一緒に撮りたいですわぁ。我がスマイル☆マーケットの写真を見直すと、いつも笑いの絶えない、事業者自身も事務局も楽しんでいるなぁと思うのです。自分たちが楽しまないと、相手に面白さや楽しさなんて伝わらないですからね。かとゅーん☆なんて、面白い話を伝えたい場合には、相手に話す前から笑ってしまっていて話しにならないことも多々あります。笑顔は笑顔を連鎖させますからね。
また、明日も笑顔でがんばりましょう~!