「継続は力なり」。この言葉がぴったりではないかと思いました。
今日12月26日付の秋田魁新報に石井司法書士事務所様が記事掲載されました。

石井先生が無料で配布しているエンディングノートについてです。とてもいい記事でした。そして石井先生もとてもいい写真でした。
商売だけれども公共の高いことを行っているのが分かりますよね。どうぞご覧ください。

261226秋田魁新報(石井司法書士)

261226秋田魁新報記事(石井司法書士)

先程、石井先生にお電話したら、朝から電話がひっきりなしだそうです。年末だけれども嬉しい悲鳴だとおっしゃっていました。
こうしてスマイルメンバーが記事掲載されて嬉しく思うのです。

このエンディングノートを作ろうと思う話を聞いたのは、スマイル☆マーケット秋の開催前でした。
自社のブースでどんな事をしようかと考えた時に、達人教室の内容が「相続」のお話だったので、それとうまく合致したのでしょう。
イベント当日もあっという間に用意していた分が無くなったそうです。

それからも事務所で相談に来られた方に無料配布をしていました。イベントのその場限りではなく、取組みを活かして継続していったことが今日の記事に繋がっていますよね。

石井先生のご商売は司法書士業なので、イベントといった場合、その場ですぐモノを売る業種ではなく、出店内容をいつも悩んでおられるようでした。でも、いつも面白い企画を練っていましたよね。自社を知ってもらえるようにポスターも手作りで作ってみるとか、他の事業所さんと連携ができないかとか。ちょっとした工夫でもそこに気付けるか、実行できるかが重要ですよね。

イベントの1日限りをその場で儲けようとかではなく、まずは自社を知ってもらえるように工夫したこと、そしてそれを続けたことが素晴らしいと思うのです。

皆様も情報がありましたら、ぜひお寄せ下さいね。かとゅーん☆でしたァ(๑→ܫ←๑)

商工会は本日で御用納めです。ですが、今年中にお伝えしたいことやお伝えせねばならないことがありますので、このサイトでご紹介していきます。
どうぞ楽しみにしていてくださいね☆